健康の為の体作りがブームの昨今。

昔は病気や怪我の治療にいくだけの病院でしたが、最近はセルフメンテナンスの為の病院通いも一般的になってきました。

年間トータルで考えると、意外と高額になってしまう病院代ですが、クレジットカードでも支払えるのでしょうか。

今回は、病院代のクレジットカード払いについて、解説していきたいと思います。


▶引き落とし忘れてた!遅延すると信用記録にキズがつく…残高不足で支払いできない時に今すぐやるべき対策とは?

病院代はクレジットカード払いに変更できる?カード払いできるところとできないところがある?

病院代をクレジットカードで支払いたい!

治療費をクレジットカード払いできる病院は増えてきています。

以前は珍しい印象でしたが、現在は大きな病院でのクレジットカード払いは一般的です。

3000円以上、10000円以上など、条件を設定して「○○円以上の会計ならクレジットカード払い可能です」という病院もあります。

しかし、小さな病院や診療所では、クレジットカード払い非対応の方が多いのです。

このように、病院によってクレジットカード払いできる病院とできない病院があるので、事前にインターネットで調べておいたり、電話問い合わせをしておけば、会計で困ることはありません。

また、会計窓口にクレジットカードのマークがなくても、利用できる事もあります。

病院としては、クレジットカードで受け付けてしまうと、カード会社に手数料を支払わなければならず、損してしまいます。

できるだけ現金で支払ってもらう為に、カード利用可能表示をしていない可能性もあるのです。

処方箋をもらったら、クレジットカードで薬も買える?

昔は診察してもらった病院で薬の処方がありましたが、現在は医療費等の関係でほとんどの病院で処方箋を出しています。

患者は病院で診察を受けた後、処方箋を薬局に持って行って薬を処方してもらいます。

この薬局でもクレジットカードは使える薬局・使えない薬局があります。

診察を受けた病院のすぐ近くの薬局を利用した場合、病院ではカード払いできても、薬局ではできないという事もあります。

高額な入院費もクレジットカード払い可能?

予期せぬ入院で焦ってしまう原因のひとつとして、入院費の支払いがありますね。

すぐに現金が用意できない場合でも、入院費をクレジットカードで支払える病院はあります。

こちらも、大学病院等の大きな病院ではカード利用できても、小さな病院では利用できない事があるので、支払い前の事前確認が必要です。

突然の手術、費用は現金でしか払えない?

手術など無縁と思って生活してても、突然その時はやってきます。

医療保険に入っていれば、高額な手術費用に対応する事もできるでしょう。

しかし、突然の手術に大金を用意できない場合も多々あります。

そんな時、手術費用はクレジットカードで支払う事が可能な病院があります。

もちろん、こちらも病院によっては利用できない所もあるので、手術前に病院スタッフに確認しておきましょう。

介護にかかるお金にも、クレジットカードが使えるの?

介護費用には様々な種類があります。

病院での診療代は、一般診療と同じで、クレジットカードが利用できる病院や薬局であれば、介護が必要な方の診療代、薬代クレジットカード払いができます。

また、ドラッグストアで介護用パンツ等を購入する場合も、クレジットカード利用可能店舗であれば、カードで支払いポイントをゲットする事も可能です。

衣食住に関わる介護用品は、ドラッグストアで揃えることが可能なので、高額になりがちに介護費用は、クレジットカードでまとめる事をおすすめします。

ちなみに、病院でのクレジットカード払いは進んでいますが、介護施設の利用料金はほとんどカードでは支払えません。

老人ホームやデイサービスなど、介護施設の利用料は口座引き落としや振込が基本となっています。

出産費用もクレジットカードで支払える?

出産費用は市町村で手続きをすれば、40万円強の助成金が得られます。

この出産一時金は、出産後の給付になるので、検診や入院、出産費用はまず自分で用意しなければなりません。

しかし、出産に関わる病院での費用は、クレジットカードで支払える産婦人科もあります。

町の助産院などではクレジットカードで支払えない可能性も高いですが、大きい病院ではクレジットカード払いが一般的になりつつあります。

病院代をクレジットカードで支払う方法

病院でのクレジットカード支払いは、普段のお買い物とあまり変わりません。

会計でスタッフにカードを提示するだけです。

その際、サインや暗証番号入力が必要になる病院もあるので、精算方法に合わせて対応しましょう。

また、最近はサインレスでカード提示のみでお買い物ができてしまう事も多く、暗証番号を忘れがちですよね。

いざ病院で暗唱番号入力を求められた時、番号を3回間違えるとロックがかかってしまいます。

不安がある場合は、サインに切り替えることも可能な場合があるので、会計スタッフに相談してみましょう。

病院代の支払い方法は他にどんな方法がある?

現金

病院での会計は、現金払いが基本です。

診察が終わって、会計の順番がまわってくると、名前が呼ばれます。

診察券と場合によっては保険証を返却され、次回の診察予約等をして会計終了です。

薬局などでも薬の受け渡しと会計は別の場合があるので、焦って帰宅してしまわないように気をつけましょう。

電子マネー

最近では、電子マネーでの会計ができる病院も増えてきました。

とは言え、さほど多くないので、皆さんのかかりつけ病院も電子マネーに対応しているとは限りません。

大きい病院や都市部の病院に多く見られます。

支払い方法は、会計時に支払う電子マネーの種類をスタッフに伝え、読み取り機械にかざすだけです。

 

私たちは体の不調や不意の怪我と付き合っていく為に、病院に頼る機会も多くあります。

年間を通して意外とかかってしまう医療費ですから、できるだけクレジットカード等を使ってお得に済ませたいものですよね。

クレジットカードが利用できる病院は多くはありませんが、もし病院でカード対応していたら、是非カードを提示してみて下さい。

高額な医療費も、クレジットカードポイントを稼ぐためにステップにできちゃいます。


▶引き落とし忘れてた!遅延すると信用記録にキズがつく…残高不足で支払いできない時に今すぐやるべき対策とは?

クレジットカードランキング特集

クレジットカード
総合ランキング
学生専用 海外留学
20代新社会人 節約・主婦
即日発行 還元率高い
年会費無料 審査難しい
ステータス高い