クレジットカードの「利用停止」とは、どのような状態なのでしょうか?

これまで問題なくクレジットカードの利用を続けられてきた方にはピンとこない状況かもしれませんが、その言葉通り、クレジットカードでの決済や借入れができなくなるということです。

ショッピングの場合、それは通常の店舗での利用でもそうですし、インターネットショッピングでの利用でも同様に起こることです。

突然クレジットカードの利用ができなくなったらどうでしょうか?

そこですぐ「じゃあ現金で」と言える状況でしたらさほど問題はないかもしれませんが、急ぎのお買い物をしなければならないのに現金がなかったり、そもそもその月は

”金欠で現金がなく、クレジットカードで支払いをせざるを得ない状況”

かもしれません。

そのような時に頼みの綱のクレジットカードが使えなくなってしまっては一大事。

クレジットカードが利用停止されてしまう前に、そして万が一利用停止になってしまった時のために、利用停止になる理由や利用停止の解除方法について調査してみました。


クレジットカードの利用停止になった理由・利用停止通知が届く基準

では、クレジットカードが利用停止されてしまう状況には、どのような理由があるのでしょうか。

  • 利用限度額をオーバーしている
  • 返済を延滞している
  • 有効期限が切れている
  • カード不正利用が検知された
  • クレジットカードの規約違反にあたる行為をしている

上記のようにクレジットカード会社が「利用停止」と判断して停止される場合がほとんどですが、ごくまれにクレジットカード自体の磁気異常によって利用ができなくなるということもあるようです。

ここではクレジットカード会社によって利用停止される理由について、ひとつひとつ見ていきましょう。

利用限度額をオーバーしている

もしかしたらこのパターンが一番多いのかもしれません。実際に私も経験がありますが、クレジットカードの利用が日常化していると、いつの間にか利用限度額に達してしまっていることがあります。

ここでいう「利用限度額」というのは、クレジットカードの新規契約時に設定した、またはカード会社によって設定された金額です。

クレジットカード発行時の標準的な利用限度額は10〜80万円だそうですが、クレジットカードのブランドやグレードによっても違いますし、個人の信用情報や利用状況によって上限額がアップすることもあり、利用限度額の金額自体は人によってまちまちです。

利用限度額がいくらか覚えていないという方はぜひ、クレジットカード発行時の書類で利用限度額を再確認されることをおすすめします。

 

よく陥りがちな思い違いとして、利用限度額は1ヶ月ごとに適用される、つまり限度額が30万円だった場合、その月の締め日を越えたらまた次の月も30万円まで利用できるというイメージを持たれるかもしれませんが、実は限度額は締め日を越えてもリセットされません。

前月までの利用額を含めての利用限度額となり、もしも前月10万円を利用していて返済がされていない状態であれば、その次の月からは

(利用限度額30万円)-(身返済額10万円)=20万円

ということで、20万円までしか利用できなくなっているということになります。

また、この利用限度額は、ショッピングとキャッシングを合わせた金額となっていますので、そちらも要注意ポイントですね!

 

返済を滞納している

何を隠そう私にもこちらの経験があります。忙しい毎日を送っているとクレジットカードの支払い日を忘れていて、口座の引落し日にお金を用意できていなかったということはよくあることでしょう。

こうなってしまってはたとえ1日でも「延滞」となり、すぐさまクレジットカードの利用が停止されることもあり得るようです。

私の場合は、延滞してしまった支払いを済ませた時点で間もなく利用再開できましたが、これもクレジットカード会社や利用状況によって変わってくることですので、一概には言えません。

 

有効期限が切れている

通常であれば有効期限が切れる前に、新しい有効期限が設定されたクレジットカードがカード会社から郵送されてくるはずなのですが、信用情報によっては更新されず、新しいカードが送られてこないまま退会となることもあるようです。

カード会社によっては更新できなかった旨を通知してくれることもあるようですが、日頃から有効期限については意識しておく必要があるかもしれません。

 

カード不正利用が検知された

こちらはクレジットカード利用者に落ち度があるというよりは、クレジットカード会社が利用者のカード利用を保障してくれているといえます。

たとえば普段のショッピングでは利用していなかったような高額のショッピングを”突然”した時や、海外からの不審な利用履歴があった時など、クレジットカード会社のデータベースが自動的に検知してくれるようです。

また、深夜時間帯の高額利用についてもチェックがかかることもあるそうです。

これらの場合はクレジットカード会社から「利用しましたか?」というクレジットカード利用の有無を確認する連絡が入ると思われますので、きちんと対応することによって停止はすぐに解除されるでしょう。

 

クレジットカードの規約違反にあたる行為をしている

私はこちらについて曖昧な認識しか持っていなかったのですが、例えばクレジットカードの名義になっている本人以外の人物がクレジットカードを利用することは、規約違反にあたるそうです。

それはたとえ、家族であっても、です!

クレジットカードの利用規約は発行時に送られてきた書類の中にあるかと思います。知らず知らずのうちに規約違反となってしまうことほど残念なことはありません。

膨大な文字量で読むのが大変だとは思いますが、トラブルを避けるためには利用規約には目を通しておくことが必要ですね。

また、クレジットカードのショッピングを利用して購入した商品を換金するという「現金化」も、利用規約によって禁止されている行為です。利用停止にならないためには、禁止されていることはしないように注意した方が良いですね。

 

利用停止通知が届く基準

クレジットカード会社によっては規定の支払い日に引落しができなかった場合に対応して、再引落し日を設定していることもあります。そのような場合には再引落し日に引落しがされればクレジットカードの利用は再開されますので、利用停止に即時つながることはないでしょう。

再引落し日を設定していないクレジットカード会社の場合には、引落しができなかった時点で電話や書面による支払いの催促がきます。私の経験では、この書面が送られてきてから支払い期日までには数週間の猶予があったように記憶しています。よって、こちらも指定された期日までに支払いを済ませれば利用停止ということにはならないでしょう。

それでは、利用停止通知はどの段階で届くのでしょうか?

クレジットカード会社では公表されていませんが、インターネット上で情報収集をした限りでは、1ヶ月以上延滞をしてしまった場合に、利用停止通知が届く可能性が大きいようです。

また、数日間の延滞だとしてもそれを常習的に繰り返してしまった場合は、突然の利用停止通知がきてしまう可能性もあるといえます。

 

クレジットカードの利用停止通知が届いたらブラックリストに追加される?

それでは利用停止通知が届いたら、ブラックリストに追加されてしまうのでしょうか?

正確にいうと「ブラックリスト」というものは存在せず、各クレジットカード会社・金融機関共通の信用情報データベースのようなものであるとイメージしてください。

ブラックリストに追加されてしまうと、新規でのクレジットカード契約やカードローン、その他、住宅や自動車などのローン全般が一切できなくなってしまいます。

では「利用停止通知」を受けたことはブラックリスト追加の対象になるのでしょうか?

クレジットカード会社や金融機関が参照する個人の信用情報データベースは主に、CIC(割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関)とJICC(日本信用情報機構)という機関が挙げられます。

色々な項目において信用情報を記録しているようですが、CICには利用停止履歴を載せる項目がないのに対し、JICCにはその項目があるそうです。

つまり、ブラックリストに追加される可能性はないとは言い切れません。

とある情報筋では、延滞を3ヶ月してしまうと間違いなくブラックリストに追加されてしまうという情報もありました。しかしやはり、延滞日数に限らず、常習的に延滞をしているとブラックリストに追加される可能性は高くなってしまうでしょう。

 

クレジットカードの利用停止通知が届いたらやるべきこと・解除して復活は可能?

それではもしもクレジットカードの利用停止通知が届いてしまったら、どうすれば良いのでしょうか?まず最低限のこととして、返済していないお金を完済しましょう。

クレジットカードは利用停止されている状態でも、支払い義務は生じています。今後のために信用情報に少しでも傷を残さないよう、粛々と返済していくことが最重要です。

しかしながら完済することができたとしても、それで利用停止が解除されるとは言い難いようです。

クレジットカード会社によっては利用停止通知を送った段階でクレジットカードの破棄を要請することもあるそうで、それはもう「このクレジットカードの利用を再開できることはありません」と言われているようなものです。

利用停止解除の処置については、クレジットカード会社のサポートデスクにコンタクトを取り、事実を事実として確認することが、過剰な心配や不安を避けることにもなると思われます。

 

クレジットカードが利用停止になってもETCや家族カードは使える?

どうやら、クレジットカードの利用停止通知が届く場合と届かない場合があるようです。利用停止されているということが分かっていれば良いのですが、もしも知らずに停止されていたら困ることもあります。

そう、たとえばETCカードです。ETCカードは親カードに対する子カードですので、親カードのクレジットカードが利用停止されたら、子カードも停止されるのではないか?高速道路の料金所でETCカードが作動しなかったら、一大事です。もしかしたら後続の車両との衝突事故にもつながりかねません。

ですが安心してください。たとえ親カードであるクレジットカードが利用停止状態であっても、ETCカードは利用することができます。なぜならばETCカードには利用限度額の情報は搭載されていないからです。

ただし、有効期限は搭載されていて、ETCカードの利用可否はこの有効期限によって決まります。

ETCカードの有効期限はしっかりとチェックしておきましょう。

 

また、同じく子カードである家族カードの利用時には返済状況に対する利用限度額の情報が参照されますので、親カードの利用停止時には家族カードも自動的に利用停止となります。

 

クレジットカードの利用停止通知が届いてからやっちゃいけないこと

それではもしも利用停止通知が届いて利用停止になってしまった時には、どうしたらよいでしょう?前述しましたが、何よりも先に、未返済分をしっかりと返済することだけを最優先して考えましょう。

ただこの時に注意したいのが、「さらに支払いの負担を悪化させること」と「信用情報を悪化させること」ではないでしょうか。

たとえば利用停止になったクレジットカードの未返済分を支払うために他のクレジットカードでキャシングをしたり、はたまたショッピング利用のために新たなクレジットカードの発行をしてみたりというのは、事態を悪化させるに過ぎません。

利用停止になるほどの返済が難しい状況であったことは事実であるので、そこから目を背けて別のところからお金を用立てようとしてもこれまでと同じことの繰り返しになってしまうどころか、さらに返済を苦しくさせてしまうでしょう。

また、個人の信用情報にも影響がでてきます。ブラックリストに追加されてしまう明確な基準はありませんが、追加されてしまったら最後、他のクレジットカードの利用停止にもつながってしまう可能性があります。そしてその後短くても5年間はブラックリストに追加されたという事実は消えません。

どのように返済するのがベストなのか?を、長い目で見て考えましょう。

私も生活に困った時にはクレジットカードのショッピングもキャッシングもよく利用しますが、返済に苦しんだ経験があります。その返済は先延ばしになっただけで後から必ず必要になってきます。手数料もどんどんとかさんでしまい、返済金額も増えていく一方です。

その悪循環に陥る前に、できれば身内の人(ご家族や信頼関係のある人)に返済の相談をしてみるのはいかがでしょう?安易に消費者金融などで借入れをするようなことは、避けてほしいところです。

身近な人や大切な人にお金の相談をすることは心苦しいし恥ずかしさもあるかと思いますが、困った時は助け合いです。相談してみたら案外あっさりと解決するかもしれません

どうしても返済困難な絶望的状況に陥ってしまう前に、一人で抱え込まずに相談してみましょう。

審査が心配…という方向けのクレジットカードはコレだ!


楽天カード入会キャンペーン実施中!
カードの支払日を過ぎてしまったら…

【支払い遅れそう…】カードの引き落とし日に間に合わなかったらどうなるの?