フリーランスや法人事業主の方であれば詳細を知っておいた方が良いビジネス向けのカードにアメックス・ビジネスゴールドカードがあります。

三井住友VISAカードなどにも事業主向けのカードはありますが、カード付帯サービスではアメックスのサービスが一番充実しています。

しかもアメックスのビジネスカードはゴールドカードの上のプラチナカードも目指すことが出来、カードのサービスで業務の効率化、経費の削減が実現できます。

プラチナカードを目指すにはゴールドカードを利用し続けてインビテーションをゲットする必要がありますが、アメックスのビジネスカードはゴールドカードでも十分なくらいのサービスが付帯しています。

「T&E(トラベル&エンターテイメント)カード」と言われているだけあって、特にゴールドカードからは業務の効率化サービスの他に、接待、商談にも使えるエンターテイメントサービスが爆発的に充実してきます。

新しいビジネスチャンスが舞い込む可能性を秘めたアメックス・ビジネスゴールドカードの特徴は絶対に一度目を通しておくべきです。

【アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード】

【今なら年会費初年度無料】経費でポイントもマイルもザクザク貯められる!!自営業/経営者なら持ってて当たり前の法人カード

年会費 31,000円+税 還元率 0.3%~1% 経費でポイント/マイル貯まる
自営業/経営者なら必須カード 高級レストラン 一人無料になる特典 セキュリティ安心
国内海外旅行保険 自動付帯 ゴールドカードの中では トップクラス 接待で大活躍
期間限定の入会キャンペーン実施中!!

31,000円+税の年会費が初年度無料!!さらに入会から1年間に合計200万円以上の利用で30,000マイル分のポイントもらえるキャンペーン実施中!!

\ 法人カード持つなら絶対アメックス!! /

1.アメックス・ビジネスゴールドカードの特徴スペック一覧表

提携ブランド AmericanExpress
支払日 毎月20日前後、翌月10日払い
※申込日によって個別に設定
年会費 31,000円+消費税
ポイント名称 メンバーシップ・リワード
ポイント還元率 0.3%~1%
(交換景品により異なる)
ポイント有効期限 3年間
※1度でも特典と交換すると、有効期限は無期限になります。
ポイント優遇対象サービス ・ボーナスポイント・パートナーズ提携店
提携店での利用でポイント2~10倍
ポイントの提携
利用可能最低ポイント数 【景品交換必要ポイント】
1,000ポイント
(10万円利用相当)以上
【金券交換必要ポイント】
1,000ポイント
(旅行代金支払い充当 1,000円相当)
※「メンバーシップ・リワード・プラス」」登録時
1,500ポイント
(ファミリーマートお買い物券 500円相当)
2,000ポイント
(旅行代金支払い充当 800円相当)
3,000ポイント
(利用分との相殺によるキャッシュバック 900円相当)
3,000ポイント
(ヨドバシカメラ商品券/高島屋商品券/WebMoney 1,000円相当)
5,000ポイント
(10,000円毎に1枚利用できる各種クーポン 5,000円相当)
6,000ポイント
(10,000円毎に1枚利用できる各種クーポン 5,000円相当)
7,500ポイント
(10,000円毎に1枚利用できる各種クーポン 5,000円相当)
10,000ポイント
(10,000円毎に1枚利用できる各種クーポン 5,000円相当)
12,500ポイント
(コストコ商品券/全国百貨店共通商品券 5,000円相当)
20,000ポイント
(各種クーポン 10,000円相当)
ボーナスポイント 年間200万円以上(税込)利用で、
メンバーシップ・リワード30,000ポイントプレゼント
電子マネー付帯 QUICPay
チャージできる電子マネー 楽天Edy・モバイルSuica・SMART ICOCA
追加カード 12,000円+消費税
※発行枚数制限無し
ETCカード 500円+消費税
年会費割引
年一回以上のETC利用で翌年度年会費無料
国内・海外旅行保険 海外旅行保険付帯 有り
国内旅行保険付帯 有り
ショッピング保険 有り:最高500万円/90日間
(自己負担額10,000円)
ApplePay対応 対応
マイルの還元率 1%
メンバーシップ・リワード登録時2%
(1マイルの価値を2円と想定)
即日発行 無し

2.アメックス・ビジネスゴールドカードのメリットについて

メリット1:ビジネスサポートサービスが充実!

アメックス・ビジネスカードシリーズの特徴は、個人事業主や法人事業主の業務をサポートしてくれるサービスが付帯していることです。

ワンランク下のカードのアメックス・ビジネスカードと同様、ゴールドカードでも下記のサービスを利用することができます。

サービス名 内容
四半期管理レポート 3ヶ月ごとの利用記録を会員別・業種別に集計してご報告。ムダな経費のチェック、コストカットの明確化が計れます。
カード利用代金明細書サービス 利用金額や店名、業種を日付順に記載した明細書を、ビジネスカードをお持ちの社員さまごとに毎月発行。
ビジネス・セービング ビジネスに役立つ幅広い業種のサービスを、割引などの特典とともにご利用いただけます。
ビジネス・
コンサルティング・サービス
株式会社 船井総合研究所によるビジネスコンサルティングを会員価格で利用することができます。
ビジネス情報サービス
「ジー・サーチ」年会費無料
入札・落札公告情報、企業情報、新聞・雑誌記事、人物情報など日本最大級のビジネス情報を年会費無料で利用でき、市場の動向をサーチすることができます。
「ビジネス情報調査代行サービス」
年間登録料無料
国内外の企業について与信概要情報調査、信用情報調査、企業スクリーニングなどの情報をまとめて提供してもらえる、通常年会費50,000円が発生するサービスを無料で利用することができます。

上記のようにアメックス・ビジネスゴールドカードを持つことで

  • 経費管理を簡単、明確にできる
  • ビジネスを改善するコンサルティングサービスを優待料金で利用できる
  • アメックス提携の店舗で優待サービスを利用できる
  • 業界ごとのビジネス情報を簡単、優待料金で収集できる

というメリットがあります。

ビジネスコンサルティングなどはカードを持っていなくても利用することができますが、ビジネスカードの特徴的なメリットとしては、カードを発行することによって従業員の経費を一元管理することが出来ると言う点にあります。

アメックス・ゴールドカードでは家族カードような追加カードを発行して従業員に持たせることができ、従業員はクレジットカードのサービス自由に使うことができるので、社員への福利厚生の充実と共に、経費をクレジットカードで支払ってもらうことで会計の管理がしやすくなります。

従業員が多くなればなるほど、経費管理は大変になり、利用した領収書を1枚1枚集めては集計するという作業が必要ですが、クレジットカードを社員に持たせていればその手間が省け、会計作業の人件費削減を期待することができます。

20万店舗で優待サービスを受けられる「クラブ・オフ」が年会費無料!

カードを発行することでメリットがあるのは会社側だけではありません、社員の方の満足度も上がるようなサービスが付帯しています!

それが「クラブ・オフ」という法人限定の契約型サービスです。

通常であれば、会社側がクラブ・オフと契約することで社員の方が利用できる福利厚生プログラムですが、アメックス・ゴールドカードを持っていればカードを持っている方は自由にこのサービスを利用することができます。

どういうサービスが利用できるのか?というと、なんと日本全国にある20万店舗以上のカフェ、レストラン、レジャー施設などを優待料金で利用することが出来るようになります。

利用できる店舗の一例としては下記のようなものがあります。

クラブオフ優待店一例
ジャンル 店舗名 内容
グルメ ケンタッキーフライドチキン ドリンク100円OFF
coco’s(ココス) 10%OFF
モンテローザ系列の居酒屋
(魚民、白木屋など)
生ビール半額
コメダ珈琲 特別優待料金
ドミノピザ 15%OFF
ピザーラ Lサイズ500円OFF
映画 イオンシネマ 優待料金(1,300円〜)で利用可能
T-joy
コロナワールド
レジャー 新江ノ島水族館 会員限定割引
富士急ハイランド
読売ランド
ハウステンボス
旅行 じゃらんパック 会員限定割引
DeNAトラベル
HIS
Booking.com
Expedia.co.jp

上記の他にも

  • ショッピング
  • カラオケ
  • 資格・学習サービス
  • スポーツジム
  • 美容サービス
  • 温泉施設

などなど、数えきれないほどの優待サービスが利用でき、カード会員だけでなく、カードを持っている家族まで割引や優待を利用することができるので、従業員の福利厚生サービスとして十分な威力を発揮します。

通常一人当たり年間6,480円の維持コストが掛かりますが、アメックス・ビジネスゴールドカード会員であれば無料でクラブ・オフを利用することができます。

メリット2:圧倒的なトラベルサービス!

アメックスカードといえばトラベルサービスが充実していることで有名ですが、ビジネスカードでも同様にアメックスのトラベルサービスが利用でき、出張やプライベートの旅行を快適に過ごすことができます。

まず、通常のアメックス・ビジネスカードでも、ゴールドカードでも利用できる共通のサービスとして下記のサービスがあります。

サービス名 内容
空港ラウンジ無料利用サービス 国内外30空港の空港ラウンジを同伴者1名まで無料で利用することができます。
無料ポーターサービス 出発時→空港の駅改札口やバス停からチェックインカウンターまで帰国時→到着ロビーから駅改札口やバス停まで、専属のスタッフが荷物を運んでくれます。
空港パーキング
料金割引・優待
空港周辺のパーキングエリアを優待料金で利用することができます。
手荷物無料宅配サービス  海外旅行からの帰国時、空港から自宅までスーツケース1個を無料で配送することができます。
海外用レンタル携帯の優待 海外用レンタル携帯電話をレンタル料半額、通話料も通常の10%OFFで利用可能
・羽田空港
・成田国際空港
・関西国際空港
海外旅行中のサポートデスク 海外旅行中のトラブルに対して24時間、365日年中無休で日本語サーポートを受けることができます。
H.I.S. アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスク  アメックスのトラベルデスクから予約をすると下記のサービスを利用できます。

  • 国内・海外のパッケージ・ツアーやクルーズのご予約
  • 日本発着の国際線航空券、および国内線航空券のご予約
  • 海外ホテルやレンタカーのご予約
  • 国内ホテル・旅館、レンタカー、JRチケットのご予約
 空港クロークサービス 飛行機の出発時間まで空港内手荷物預かり所で荷物を無料で預けることが出来ます。中部国際空港で利用可能。
 レンタカーの国内利用 下記の全国店舗で基本料金から5%OFFで利用可能
・オリックスレンタカー
・トヨタレンタカー
・日産レンタカー
・ニッポンレンタカー
・タイムズカーレンタル

上記のサービスでも十分に旅を快適にすることができますが、アメックス・ゴールドカードでは上記のサービスに加えて下記のサービスも利用することができます。

  • エアポート送迎サービス
    =海外出張の出発・帰国時に専用車のチャーター格安料金ですることができます。
  • エアポートミール
    =H.I.S. アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスクで、国内線航空券を購入すると、羽田空港・伊丹空港で利用できるお食事券1,000円分を貰うことができます。

つまり、旅行の出発前、旅行中、帰国後に利用できるサービスが充実しているため、出張の際に利用すれば快適に旅をすることができます。

空港ラウンジ無料利用サービスなどはカードと航空券の提示だけで利用でき、同伴者1名も一緒に利用することができるので、仕事以外のプライベートな時間でも利用できるというメリットがあります。

旅行保険も充実!

更にアメックス・ビジネスゴールドカードは旅行保険も充実しています。

ワンランク下のアメックス・ビジネスカードと比較すると下記のようになります。

カード種類 アメックス
ビジネスカード
アメックスビジネス
ゴールドカード

【海外旅行保険】

付帯条件

利用付帯のみ 利用付帯、自動付帯
本会員のみ自動付帯あり

死亡・
後遺障害

最高5,000万 【利用付帯】
最高1億円
【自動付帯】
最高5,000万円
※追加カード会員は
自動付帯無し
傷害治療 最高300万円 【利用付帯】
最高300万円
【自動付帯】
最高200万円
※追加カード会員は
自動付帯無し
疾病治療 最高300万円 【利用付帯】
最高300万円
【自動付帯】
最高200万円
※追加カード会員は
自動付帯無し
救援者費用 最高400万円 【利用付帯】
最高400万円
【自動付帯】
最高300万円
※追加カード会員は
自動付帯無し
賠償費用 最高4,000万円 【利用+自動付帯】
最高4,000万円
※追加カード会員は
利用付帯のみ
携行品損害 1旅行中最高30万円
自己負担3,000円
年間限度100万円
【利用+自動付帯】
1旅行中最高50万円
自己負担3,000円
年間限度100万円
※追加カード会員は
利用付帯のみ
家族特約 あり あり
【国内旅行保険】
死亡・
後遺障害
【本会員】
最高2,000万
【本会員の家族】
最高1,000万円
【追加カード会員】
最高5,000万
【本会員】
最高5,000万
【本会員の家族】
最高1,000万円
【追加カード会員】
最高5,000万

海外旅行保険に関しては、利用付帯と自動付帯の両方が利用できるので、アメックス・ゴールドカードを従業員に持たせていれば仕事中には利用付帯で補償がつき、プライベート時では自動付帯で補償が受けられるというメリットがあります。

また、国内・海外旅行保険はどちらとも家族付帯がついているので、カード会員の家族にまで保険が適用されます。

さらにアメックス・ビジネスゴールドカードからは国内旅行に関して航空便遅延費用保険も利用できるようになり、下記の補償を受けることが出来るようになります。

国内旅行航空便遅延費用保険
保険適応項目 補償内容
乗継遅延費用 1回の到着便遅延につき2万円まで
出航遅延、欠航、
搭乗不能費用
1回の出航遅延、欠航もしくは運休または搭乗不能につき2万円まで
受託手荷物
遅延費用
1回の受託手荷物の遅延につき2万円まで
受託手荷物
紛失費用
1回の受託手荷物の紛失につき4万円まで
注意事項 ・対象航空のチケットが証明書になります
・本会員のみ利用可能な保険です

トラベルサービスを含めると、旅を快適にしてくれるだけでなく、安心して旅を楽しめるような補償がガッツリついているため、従業員に持たせておくと安心して出張に向かわせることができます。

これらの保険を全て任意保険で掛けると会社側にもかなりの負担になるのでカードサービスで利用できるのは経費の削減も見込めます。

メリット3:接待やプライベートでも利用できるエンターテイメントサービス!

アメックス・ビジネスカードからゴールドカードにランクUPさせるメリットとして一番大きなメリットとはエンターテイメントサービスのグレードアップすることです。

まず、通常のビジネスカードとゴールドカード共通で利用できるサービスは下記のものがあります。

サービス名 内容
ゴルフデスク 全国1,100カ所以上のゴルフ場の予約・手配を無料で頼むことができます。

チケット・アクセス

カード会員限定でチケットの先行予約や限定特典を得ることができます。

事業主としてはゴルフサービスは取引先との接待や社員同士での休日の交流として利用しやすいサービスですよね。

次にアメックス・ビジネス・ゴールドから付帯するサービスは下記のようなものがあります。

帝国ホテル東京のビジネスラウンジが利用可能

2017年2月からは東京帝国ホテルのビジネスラウンジが利用できるようになっています。

「ミーティング・スクエア」というアメックス・ビジネスカード会員限定のラウンジです。

月額2万円(税別)を支払うことで利用できるようになり、同伴者1名まで無料で利用することができるので、取引先の方との商談やミーティングに利用することができます。

施設内ではコーヒーやミネラルウォーターも無料で提供されるので、セカンド(サテライト)オフィスとしても活用することができます。

1人で考えごとをしたいときや、オフィスでは集中できない時に気持ちをリセットする場合などにも利用することができます。

レストラン予約をコンシェルジュに依頼できる「ビジネス・ダイニング by ぐるなび」

こちらも2017年2月から利用できるようになったサービスで、会議や会食などをしたい場合、専用のコンシェルジュに電話することで簡単にレストランを予約することができます。

利用方法は簡単で、ビジネス・ダイニング予約専用電話番号に連絡し、希望の条件を伝えるとコンシェルジュが予算や場所、人数にあわせたレストランをピックアップして予約してくれます。

もちろん利用料は無料で、ピックアップされるレストランはぐるなびが厳選したレストランの中でアメックスカードが利用できる店舗です。

いちいち一軒一軒自分で探す必要がなく、無料でコンシェルジュに任せることができるので、時間をムダにしたくない事業主の方に取っては想像以上にメリットがあるサービスです。

その他にも

  • 京都観光ラウンジ
    =京都の高台寺塔頭 圓徳院が拝観料無料になる「京都特別観光ラウンジ」
  • ゴールド・ワインクラブ
    =最高級ワインを直輸入・販売しているワインショップ・エノテカを利用することができます
  • コットンクラブ・新国立劇場の優待特典
    =東京・丸の内のエンターテインメントクラブ「COTTON CLUB」にて、ドリンク無料や限定イベントの参加ができます。

上記の3つのサービスも含めてゴールドカードから利用できます。

ビジネスゴールドカード会員限定イベントで新しいビジネスチャンスも!

アメックス・ビジネス・ゴールド・カード会員限定の特典として、イベント「DISCOVERY」というサービスがあります。

直近で開催されたイベントとしては下記のようなものがあります。

イベントは不定期に行なわれますが、このサービスの大きなメリットとしてはアメックス・ビジネスカード会員しか参加できないと言う点にあります。

つまり、このイベントに参加する人はビジネス・オーナーの方ばかりで、ゴールドカード会員、プラチナカード会員の方が参加するイベントです。

イベント自体の価値はもちろんですが、この交流の場で新しいビジネスパートナーやビジネスチャンスが生まれる可能性もあります。

事業主をしている方は体感として分かると思いますが、やはり人は適材適所に集まるもので、新しい人脈やチャンスを掴むには、まずはそういう環境に行くことが大切で、このアメックスのイベントはまさにその環境を提供してくれるようなサービスです。

メリット4:ポイントの有効期限は無期限!追加カードのポイントでガッツリ貯まる!

次はビジネスカードならではのクレジットカードで得られるメリットです。

クレジットカードを利用すればポイントが貯まりますよね。

アメックス・ビジネス・ゴールドカードでは100円ごとに1ポイントが貯まりますが、従業員カードを発行して従業員に持たせることで、従業員の交通費や出張費などをポイントに還元することができます。

また設備や会社の諸々の支払いは個人でクレジットカードを利用する場合に比べて高額です。

その高額な支払いをクレジットカード払いにしていればザクザクと猛スピードでポイントが貯まっていきます。

アメックスには「メンバーシップ・リワード・プラス」というサービスがあり、年会費3,240円(税込)を支払うと、マイルへの交換レートが通常の還元率1.0%から還元率2.0%にアップするのに加え、ポイントの有効期限が無期限になります。

つまり、業務に関する経費をアメックス・ビジネスゴールドカード支払いにすることで、ポイントでもマイルでもザックザクと貯めていくことができます。

貯まったポイントは本会員カードに集約されて加算されていくので、従業員が多い法人の方ほどこのサービスは利用するべきといえます。

3.アメックス・ビジネスゴールドカードのいまいちポイントについて

アメックス・ビジネスゴールドカードのイマイチな点は、アメックスの最高ランクであるセンチュリオンカードを目指せないというデメリットがある点です。

法人・個人向けのビジネスカードでは、アメックスのプラチナカードまでしか発行することは出来ません。

アメックスの最高ランクであるセンチュリオンカードはクレジットカード業界でも最高峰のカードとして有名なので、アメックスカードを持っている方であれば憧れのカードでしょう。

しかし、センチュリオンカードは入会金50万円、年会費35万円という一般常識からはかけ離れたクレジットカードです。

専用のコンシェルジュサービスなど、個人でプライベートで持つ分には申し分なく最高峰のクレジットカードですが、経営に必要か?と問われれば、経営には不要なサービスが多いのが現実です。

また、ビジネスカードでも目指せるプラチナカードにもプラチナ専用コンシェルジュが付帯していたり、ダイニングサービスや至高のトラベルサービスも利用できるため、ゴールドカード以上のサービスが欲しい場合はプラチナカードに切り替えればOKです。

4.アメックス・ビジネスゴールドカードの最大の強み!こんな人におすすめしたい!

アメックス・ビジネスゴールドカードは、ワンランク下のカードのアメックス・ビジネスカードに比べ付帯サービスが増えています。

具体的に比較すると下記のようになります。

カード種類 アメックス
ビジネスカード
アメックスビジネス
ゴールドカード
【トラベル・サービス】
空港ラウンジサービス
手荷物無料宅配サービス
※往復

※往復
エアポート送迎サービス
空港パーキング
無料ポーターサービス
空港クロークサービス
エアポート・ミール
海外トラベルサポート
オーバーシーズ・アシスト

オーバーシーズ・アシスト
国内旅行
航空便遅延費用保険
海外用レンタル携帯電話特別割引
国内レンタカー5%OFF
京都観光ラウンジ
一休.com優待特典
特選の宿が5%オフ 「日本旅行」
「Expedia」優待
「アップルワールド.com」5%オフ
限定特典「H.I.S.」
チケットアクセス
【プロテクション】
カードの紛失・盗難時の緊急再発行サービス
ショッピング・プロテクション
リターン・プロテクション
キャンセル・プロテクション
オンライン・プロテクション
【エンターテイメント・ショッピング・その他】
アメリカン・エキスプレス・セレクト
ダイニング・トレンド
ヘルスケア無料電話相談
ゴールド・ワインクラブ
コットンクラブ
新国立劇場
ゴルフ関連サービス

もしカードで決済をするだけであればアメックス・ビジネスカードでも問題ないですが、

  • ゴールドカードのエンターテイメントサービス
  • ゴールドカード限定イベント
  • 帝国ホテル東京のビジネスラウンジの利用
  • ビジネス・ダイニング by ぐるなび
  • 海外旅行保険の充実
  • キャンセル保険
  • ヘルスケア無料相談サービス

など、支払い以外の面でのサービスを考慮するのであればアメックス・ビジネスゴールドカードが圧倒的に優勢です。

カードを利用して、支払いだけでなくビジネスの人脈の幅を広げるキッカケなどにしたい方におすすめのカードです。

もちろんアメックスカード共通で利用できる事前入金によって利用限度額を無視してカードを利用できるサービスも利用できるので、業務上で高額な利用をする際も便利なカードです。

つまり、アメックス・ビジネスゴールドカードは業務上の経費管理・支払いも、プライベートや接待、交流などでも、多方面で活躍することができるクレジットカードです。

5.アメックス・ゴールドカードはどういう使い方が最もお得になるのか?

アメックス・ビジネスゴールドカードをお得に利用するには下記のことを意識すれば確実にお得に利用することができます。

  • 1.メンバーシップ・リワード・プラスに加入する
  • 2.経費はカードで支払う
  • 3.カードの特典をフルに活用する

まず、カードを発行したらポイントの有効期限が無期限になり、マイル還元率が2.0%になる「メンバーシップ・リワード・プラス」に加盟しましょう。

本会員が加入すると家族カード、従業員カードのポイントも同様に有効期限無期限になりマイルの還元率がアップします。

そのカードで経費を支払えば、マイルが通常では考えられないくらいのスピードで貯まっていきます。

クレジットカードでポイントを大量にゲットできるのはある種経営者の特権と言えるでしょう。

そして、ゴールドカードを利用するのであればゴールドカード限定イベントなどのカード付帯サービスをフルに活用しましょう。

ゴールドカード限定イベントにはプラチナカード会員の方も参加している場合があるのでワンランク上の方のと繋がりができる可能性を秘めています。

その他にも

  • 空港ラウンジ無料利用などのトラベルサービス
  • 海外旅行保険サービス
  • 東京帝国ホテルのビジネスラウンジ特典
  • ビジネス関連サービス

などを利用すれば、年会費33,480円(税込)は支払い価値があります。

年会費は月額維持費に直すと2,790円なので、経費にするとコストパフォーマンス面ではかなり優秀です。

例えば、アメックス・ビジネスゴールドカードのサービスを全て自分で手配しようと思ったら月額2,790円では済まないでしょう。

アメックス・ビジネスゴールドカードをお得に利用するコツはカードのサービスを最大限に利用すること、つまり、カードのサービスと業務上の作業を照らし合わせてカードサービスで効率化できる部分はカードに任せることです。

上手く使えば業務の効率化と共に人件費の削減も見込め、年会費以上のメリットを叩き出すことが出来ます。

6.まとめ

アメックス・ビジネスゴールドカードでは、どこのサイトを経由するかで入会キャンペーンの内容が異なってきます。

しかし、公式サイトからの入会キャンペーンを含め全てで共通なのは『初年度年会費無料』という点です。

「ホントにこのカードを発行する必要があるのかな…?」と悩んでいる方はこのキャンペーンを利用してとりあえず発行するのが吉です。

もし不要だと感じたら解除すればいいので発行してもなんのデメリットもありません。

カードを発行せずに現金で経費の支払いを行なっていると、ゲットできるはずだったポイントを取りこぼしている状態なので、迷わずに発行することをオススメします。

【アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード】

【今なら年会費初年度無料】経費でポイントもマイルもザクザク貯められる!!自営業/経営者なら持ってて当たり前の法人カード

年会費 31,000円+税 還元率 0.3%~1% 経費でポイント/マイル貯まる
自営業/経営者なら必須カード 高級レストラン 一人無料になる特典 セキュリティ安心
国内海外旅行保険 自動付帯 ゴールドカードの中では トップクラス 接待で大活躍
期間限定の入会キャンペーン実施中!!

31,000円+税の年会費が初年度無料!!さらに入会から1年間に合計200万円以上の利用で30,000マイル分のポイントもらえるキャンペーン実施中!!

\ 法人カード持つなら絶対アメックス!! /