アコムACマスターカードは年会費無料、即日発行可能なクレジットカードで、全国1,000店舗以上ある無人契約機「むじんくん」の内、611店舗でカードを発行できます。審査も他のクレジットカードと比べて通りやすく、「今すぐにカードが欲しい!」という人にとってはこれ以上なぴったりなカードです。

「消費者金融のカードだから怖い…」という人もいるかもしれませんが、アコムは三菱UFJフィナンシャルグループの傘下であり、立ち位置としては誰もが知っている三菱東京UFJ銀行と並ぶ位置にあります。そのブランド力から、アコムACマスターカードは、消費者金融系で唯一「Masterカード」の発行を認められているカードです。

他のクレジットカードとは違い、ポイント制度や旅行保険は無いものの、学生やアルバイト、パート主婦、フリーターでも即日発行が可能なカードで、緊急時に最大の力を発揮するカードです。もし今現在困っているようであれば、この記事を参考にしてカードを発行して頂きたいです。


ACマスターカードのスペックについて

アコムACマスターカードのスペックは以下の通りです。

提携ブランド Master
支払日 20日締め ※支払日は下記から選択可
①指定した日にち
②翌月6日
③35日毎のサイクル
年会費 年会費無料 ※永久無料
ポイント なし
国内・海外旅行保険 取り扱いなし
ショッピング保険 なし
ApplePay対応 取り扱いなし
マイルの還元率 なし
即日発行 可能 ※全国の自動契約機「むじんくん」にて受け取り

急いでる人必見!今日中にアコムACマスターカードを発行する方法

まず、アコムACカードの審査基準は下記の通りです。

【アコムの審査基準】

  • 20歳〜69歳までの方
  • ・安定した収入と返済能力がある方

他のクレジットカードと違い、満18歳でも申し込むことはできないので注意しましょう。

ですが安定した収入があれば、フリーターでもパートでもOKです!もちろん満20歳以上であれば学生でも申し込みは可能です。

そしてアコムACマスターカードの申し込み方法には4通りあります。

  • ①店頭・むじんくんでの申し込み
  • ②インターネットでの申し込み
  • ③電話での申し込み
  • ④郵送での申し込み

この4つの申し込みのうち、即日発行が可能な方法は①②③です。

郵送のみ、時間が2週間程かかるので、急いでいる方は3つのうちから申し込みを行なってください。

即日発行のために用意するもの

カードを即日発行する方法を紹介する前に、全ての申し込み方法で共通して用意するものについてご説明します。

申し込みの際に絶対に必要になるものは『本人確認書類』です。

本人確認に有効なもの
  • 運転免許証
  • 健康保険証(マイナンバーカードなども必要)
  • パスポート

上記のうち、顔写真が入っていないものは下記の書類が別途で必要になります。また、本人確認書類に記載されている住所と現住所が異なる場合も、下記のいずれかが必要です。

別途必要になる書類
  • 公共料金の領収書
    ※携帯電話の領収書は不可
  • 社会保険料の領収書
  • 国税、地方税の領収書
  • 納税証明書
    ※書類は発行日または領収日付から“6か月以内”の最新のものが有効

その他、借り入れ条件によっても提出する書類が増えます。

収入証明書が必要な場合
  • 利用限度額が50万円を超える場合
  • 利用限度額+他社からの借入額の合計が100万円を超える場合

【収入証明書】

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 給料明細(直近の2か月分と1年分の賞与明細書)

つまり利用限度額が少ない場合は免許証1枚あるとOKだということです!免許証を持っていない方は健康保険証と公共料金の領収書などを用意しましょう。

本人確認書類が揃ったら申し込みスタートです!

①店頭・むじんくんで即日発行する方法

まずは店頭・むじんくんで即日発行する方法です。

アコムを利用した人にとっては「店頭ってなに?」「むじんくんってなに?」という疑問があると思います。

アコムの「店頭」とは?

「店頭」とはアコムが設置してある有人の店舗のことです。ケータイショップのように、人が在中していてコミュニケーションを取りながらカードを発行したり、分からないことがあれば、すぐにその場で尋ねることができるといったメリットがあります。

しかし、アコムの有人店舗は全国にわずか22店舗とかなり少なくなっており、首都圏や大都市の中心に店舗が集中しているので、地方の方だと店舗での申し込みは難しくなっています。

有人店舗一覧は下記の通りです。

全国22店舗のスタッフ在中の店舗場所

営業時間もほとんどが9時半〜18時、土日祝日休みということで、会社員の方にとっては利用しずらい部分があります。

アコムの「むじんくん」とは?

「むじんくん」とは全国に1,000店舗以上あるアコムの無人契約機です!

営業時間は8時〜22時(一部店舗によって異なります)で土日祝日関係なく365日利用できるので、有人店舗と比べて融通が利きます!また、どの申し込み方法でも、カードを即日発行するには必ずむじんくんを利用する必要があります!

全国1,000店舗以上あるむじんくんの中でも「アコムACマスターカード」を発行できる機械は611店舗です。それ以外のむじんくんでは「アコムカード」と呼ばれているカードローンのみに対応したカードは作ることができますが、クレジットカードである「アコムACマスターカード」は発行することはできません。

ですので、まずは自分の家の近くの「アコムACマスターカード」を発行できるむじんくんを調べることをオススメします。「アコムACマスターカード」を発行できるむじんくんを調べるにはアコムの公式ホームページに行き、「店舗・ATM検索」から「マスターカード発行機あり」にチェックを入れて検索してみましょう。

店頭・むじんくんでの申し込みの方法

店頭・むじんくんでの申し込みの流れは以下のとおりです。

店舗】

①アコムの店舗

②申込書に必要事項を記入

③本人確認書類(必要な場合は収入証明書)を提出

④アコムで審査が行われる

⑤アコム担当者から審査結果が通知され、金利・利用可能金額(契約極度額)・返済方法について説明を受ける

⑥契約書の内容を確認し、署名する

⑦ローンカードが発行される

【むじんくん】

①アコムのむじんくんに来店

②必要事項をタッチパネルで入力

③本人確認書類(必要な場合は収入証明書)をむじんくんにスキャン

④アコムで審査が行われる

⑤アコムからむじんくんを通して審査結果が通知され、金利・利用可能金額(契約極度額)・返済方法について説明を受ける

⑥契約書の内容を確認し、署名する

⑦カードが発行される

上記のStepでカードが発行されます。

むじんくんでの申し込みで分からないことがあったら?

店頭で申し込み、即日発行をする場合は店舗にスタッフがいるので何でも聞くことができますが、むじんくんではスタッフは在中していません。ですので不安に思う方もいると思いますが、むじんくんでは音声ガイダンスがついているため、その音声ガイダンスに従って進めれば問題ありません。

もし、機械の操作が分からなくなった場合でもインターホンがついており、いつでもスタッフと電話で話すことができるので、「機械が苦手!」「はじめてのことでどうしたら良いかわからない!」という方でも安心してむじんくんで申し込むことができます。

ですので、むじんくんで申し込む際は『本人確認書類』である免許証などを忘れずにもっていけは即日発行の難易度は難しくありません!


②インターネットでの即日発行する方法

次にインターネットを利用してカードを即日発行する方法です!

インターネットを利用しての申し込みはパソコン、スマホ、ケータイのネット環境さえあればどこからでも行なうことができるので、忙しい人にとってはありがたいシステムです。

インターネットで申し込んだ場合、カードは

  • 郵送での受け取り
  • むじんくんでの受け取り

の2パターンが選ぶことができますが、即日発行を考えているのであれば、むじんくんでの受け取り一択ということになります。

【インターネット→むじんくんでの受け取り】

①ネットで「アコム 申し込み」と検索

②アコムのサイトの「ネットで今すぐお申し込み」をクリック

③必要事項を入力

④申し込み完了メール受信

⑤書類提出のお願いメールの受信

⑥電話による申し込み内容の確認

⑦電話による仮審査通過のお知らせ

⑧「むじんくん」に向かう

⑨本人確認書類(必要な場合は収入証明書)をむじんくんにスキャン

⑩アコムで本審査が行われる

⑪アコムからむじんくんを通して本審査結果が通知され、金利・利用可能金額(契約極度額)・返済方法について説明を受ける

⑫契約書の内容を確認し、署名する

⑬カードが発行される

上記が大まか流れですが、インターネット申し込みでは『本人確認書類の提出』はメールでも行なうことができます。「⑤書類提出のお願いメールの受信」の時に送られてくるURLをクリックし、スマホで免許証などの確認書類を撮影し、送信すると、それで本審査まで行なうことができます。

つまり、メールで本人確認書類を提出して審査が通過した場合はむじんくんで契約書に署名するだけで、カードを受けとることができます!ですので、「今ここで全ての審査を終わらせたい!」という方はメールでの本人確認書類の提出を行なうことをオススメします!

③電話での即日発行の方法

最後に電話での即日発行の方法です。申し込みの際にはアコムのフリーダイヤルに電話します。

電話での申し込みの特徴は、入力が必要なく、電話口で口頭で自分の住所や名前、職業の詳細などを伝えることができます。そして、その場でカードが発行可能の簡易審査を行なってくれます。

その後、本審査に通過した場合、電話にて連絡が来るので、連絡が来たら本人確認書類をもってむじんくんへ向かいます。

【電話での申し込み】

①アコムのフリーダイアルに電話

②電話での簡易審査

③審査結果を通知(18時以降に電話した場合は翌日になります!)

④むじんくんへ向かう

⑤本人確認書類のスキャン

⑥契約手続き

⑦カード発行

アコムフリーダイアル

0120-07-1000

  • 「機械操作が苦手」
  • 「メールがよくわからない」
  • 「パソコン操作に慣れていない」

というような方は電話で申し込むことをオススメします。


カード発行に一番早い方法は?

上記で説明してきた方法の中で一番早くカードを発行できるのはどの方法か?ということですが、一番早いのは「インターネットで申し込み、メールで本人確認書類を提出して、むじんくんでカードを受けとる」という方法です。

ネット環境さえあれば、いつでもどこからでも申し込むことができ、必要事項の記入は既に用意された手順にそって行なっていくだけなので、素早く行なうことができます。

全てに必要な「必要事項」とは?

店頭・むじんくん、インターネット申し込みで「入力」する必要事項と、電話での申し込みの際に「口頭」で伝える必要事項は同じで、下記の必要事項を伝える必要があります。

項目 選択肢または記入項目
氏名 姓・名
氏名(フリガナ) セイ・メイ
旧姓 旧姓ありor旧姓なし
生年月日 ご自身の生年月日
性別・独身 既婚 男性独身/既婚or女性独身/既婚
メールアドレス メールを受けとるメールアドレス
郵便番号 ご自宅の郵便番号
自宅住所 ご自宅の住所
電話番号 携帯電話の番号or自宅の電話番号
※どちらか一方を必ず記入
住居種類 自己所有、賃貸、寮などから選択
入居年月 現在の住居の入居日
家賃・住宅ローン 負担ありor負担なし
ご本人を含む
家族人数
(同一家計の人数)
人数を記入
※家計を共にしている人数
勤務先電話番号 ご自身のお勤め先の電話番号
※アルバイトの場合は働いている店舗の電話番号を、
派遣の場合は派遣元の会社の電話番号を記入
勤務先の詳細 会社名、社員数、事業内容など
他社お借入れ状況 〜件、〜円
希望契約額 1〜800万円
審査結果通知の連絡先 携帯or自宅or勤務先
暗証番号 4桁

今日中に即日発行したい時の注意点

次に即日発行する際の注意点です!「そもそも何が審査されるの?」ということです。この審査の内容を知ることが即日発行への近道です!ここを間違えると即日発行はできなくなるので是非集中して読んでください!

注意点1:希望契約額は低めに設定する!

まず「希望契約額」についてです。申し込みの際にカードで借入ができる希望金額を設定できるのですが、金額が高すぎると審査が厳しくなります。前述しましたが金額が高すぎると、別途で『収入証明』が必要になってきます。

収入証明書が必要な場合
  • 利用限度額が50万円を超える場合
  • 利用限度額+他社からの借入額の合計が100万円を超える場合

【収入証明書】

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 給料明細(直近の2か月分と1年分の賞与明細書)

注意点2:年収の1/3以上の借入はNG!

次に注意するべきなのは、ご自身の年収の1/3以上の金額を借り入れていないか?の確認です。

アコムを含めた他の会社からの借入金額がご自身の年収の1/3を超えていると法律により規制がかかってしまいます。

これは「総量規制」と呼ばれています。

総量規制とは?

貸金業法により、お客様が貸金業者から借りることのできる額の総額に制限が設けられている規制のことです。 具体的には、借入残高が年収の3分の1を超える場合、新規の借入れをすることができません。 ※この規制が適用されるのは、貸金業者から個人が借入れを行う場合です。 銀行からの借入れや法人名義での借入れは対象外です。

注意点3:本人確認書類と入力事項の整合性を確認する!

申し込みの際に入力した住所と、免許証などの住所が異なっている場合は審査に通らないことがあります。もし引越しや住所変更をしておらず、整合性が取れない場合は、別途追加で書類を提出する必要が出てきます。

もし、免許証とカード申し込みの際の住所が違う場合は、公共料金の写しなどが必要になるので、事前に用意しておきましょう。

注意点4:会社の休日に申し込みはNG!

次に注意するべきなのは、自分の会社が営業中かどうか?です。

アコムはカードを発行する際に必ず「在籍確認」を行ないます。「在籍確認」とは、あなたが申し込みの際に入力した会社に、本当にあなたが勤めているかの確認として、アコムが電話をかけます。そこで「在籍確認」が取れると審査が進みます。

つまり、「在籍確認」ができないと審査は進みません!

ですので、即日発行するためには、その日の内に在籍確認を済ませる必要があります。

「在籍確認」の行なわれ方

「在籍確認って…会社の人にバレるの…?」という心配があると思いますが、その心配は無用です。アコムが会社に電話をかける際には、申し込み者のプライバシーを考慮した掛け方をします。具体的には個人名で電話するという方法で会社に電話します。

下記は勤務先に電話した場合の対応の例です。

【本人以外が出た場合】

担当者「もしもし、佐藤(仮名)と申しますが、そちらに○○さん(申込者)はいらっしゃいますでしょうか?」

会社社員「申し訳ありません、○○は現在席を外しています。」

担当者「わかりました。では○○さんの携帯にかけてみます。ありがとうございました。」

※上記の会話で在籍していることが確認できたので、このような流れでも在籍確認はクリアです。

【本人が出た場合】

担当者「もしもし、佐藤(仮名)と申しますが、そちらに○○さん(申込者)はいらっしゃいますでしょうか?」

本人「(佐藤?誰だろう) はい、私ですが。」

担当者「ご本人さまでしたか、個人名で失礼しました。先日お申し込みいただきましたアコムカードの担当のものです。在籍確認のために電話させていただきました。これで完了ですので、ご安心ください。」

上記のように本意以外には「アコム」ということを名乗ることはありませんので、会社にバレることは一切ありません。この在籍確認が取れない限り審査が進まないので、会社が営業している時に申し込みを行ないましょう。

また、在籍確認のように会社への電話があるので、申し込みの際に嘘を入力するとバレてしまいますので、申し込みの際にはキチンと本当の情報を記入しましょう。

また、パート、アルバイト、契約社員の方は下記のことに注意しましょう。

【パート、アルバイトの会社連絡先】

本社ではなく、働いている店舗の電話番号

例:セブンイレブンで働いている場合
セブンイレブン本社の電話番号×
セブンイレブン○○店(自分が働いている店舗)○

【派遣社員の場合】

派遣元の会社の電話番号

例:A派遣会社から派遣されてB会社で働いている場合
働いているB会社の電話番号×
A派遣会社の電話番号○

注意点5:アコム、むじんくんの営業時間ギリギリは避ける!

アコムの審査は最短30分といわれていますが、営業時間ギリギリの場合は翌営業日に回される可能性があります。

無人契約機のむじんくんの営業時間は365日年中無休、8時〜22時の間です。

ギリギリに申し込んだ場合、必要事項の入力ミスや在籍確認にが遅れてしまう場合など、イレギュラーなことがあると発行できない可能性があります。ですので、理想的なのは午前中に申し込み、お昼頃には審査が完了して、あとはむじんくんにカードを取りに行くだけの状態にあっているのが理想です。

まとめ

1.今日中にアコムACマスターカードを発行する方法

  • 用意するものは本人確認書類だけ!
  • 店頭、むじんくんで即日発行可能!
  • インターネットで即日発行可能!
  • 電話で即日発行可能!
  • カードの受け取りは「むじんくん」で行なう!
  • 一番早い方法はインターネットで申し込んでむじんくんで受けとる方法!

2.今日中に即日発行したい時の注意点

  • 注意点1:希望契約額は低めに設定する!
  • 注意点2:年収の1/3以上の借入はNG!
  • 注意点3:本人確認書類と入力事項の整合性を確認する!
  • 注意点4:在籍確認あり!会社の休日に申し込みはNG!
  • 注意点5:アコム、むじんくんの営業時間ギリギリは避ける!

最後に

アコムACマスターカードは発行後すぐに使えるカードです。

アコムACマスターカードを発行できるむじんくんは、2017年7月現在は全国に611店舗ですが2016年は約300店舗でした。1年でおよそ2倍の店舗が増え、まさに全国どこでも作れるカードになっています。

発行する理由はひとぞれぞれですが、即日発行のクレジットカードを求めているのであればアコムは最適なカードです。是非この記事を参考に発行してください。


楽天カード入会キャンペーン実施中!
カードの支払日を過ぎてしまったら…

【支払い遅れそう…】カードの引き落とし日に間に合わなかったらどうなるの?