AIR DO(エアドゥ)は、北海道の空港を中心に、仙台、東京、名古屋、神戸と繋がる航空会社です。

東京へは、新千歳以外にも、旭川、函館、釧路、女満別、帯広と、地方空港へも発着している為、北海道民や北海道への出張が多い方には欠かせません。

このAIRDOでは、ポイントを貯めてお得に航空券に交換できるAIRDO VISA(エアドゥビザ)カードを発行しています。

AIRDO VISAカードはクラシックカードとゴールドカードの2種類があり、ポイントがもらえるチャンスも多く、持っているだけでお得なんです!

今回は、基本スペックをまとめながら、今からカード発行をしようかお悩みの皆さんが知りたいポイント&お得を感じられるメリットもご紹介していきます。

スポンサードリンク

1.AIRDO VISAカードの特徴スペック一覧表

提携ブランド VISA
 支払日 毎月10日(前月15日〆)
 年会費 【クラシック】1600円(税別)※初年度無料
【ゴールド】12000円(税別)※初年度6000円(税別))
 ポイント名称 ワールドプレゼントポイント
AIRDOポイント(=DOマイル)
 ポイント還元率 0.5%
 ポイント有効期限 ワールドプレゼントポイント:2年間
AIRDOポイント:搭乗日の翌日より2年間
 ポイント優遇対象サービス AIRDOホームページで決済すると、クラシック:150円で1ポイント、ゴールド:120円で1ポイントもらえる
 ポイントの提携 ワールドプレゼントポイントをAIRDOポイントへ交換可能
 利用可能最低ポイン 200ポイント~
 ボーナスポイント AIRDOに搭乗でボーナスポイント
【クラシック】100ポイント
【ゴールド】200ポイント
 電子マネー付帯 なし
 チャージできる電子マネー Suica(Suicaアプリ内限定)
 家族カード あり
【クラシック】初年度年会費無料、2年目以降600円(税別)
【ゴールド】初年度&1人目無料、二人目より2年目以降1200円(税別))
 ETCカード  あり
 国内・海外旅行保険  あり
 ショッピング保険  あり
 ApplePay対応かどうか  別発行のiD(後払い)として対応可能
 マイルの還元率 ワールドプレゼント1ポイント=ANAマイレージクラブ3マイル
ワールドプレゼント100ポイント=25AIRDOポイント
即日発行できるかどうか 不可

2.AIRDO VISAカードのメリットについて

ポイントゲットのチャンスがたくさん!

AIRDO VISAカードは、何と言ってもポイントゲットのチャンスが多い事が最大のメリットと言えます。

まずは基本のクレジットで貯まるワールドプレゼントポイントから。

【ワールドプレゼントポイント】

①カード利用1000円につき1ポイント

AIRDOの航空券でなくても、街でのショッピングや、毎月の引き落としで、ワールドプレゼントポイントが貯まります。

②AIRDOポイントへ交換

貯まったワールドプレゼントポイントをAIRDOポイントに交換できるのはAIRDO VISAカードだけ。

200ポイント以上100ポイント単位で、100ポイント=25AIRDOポイントに交換できます。

③交換するだけで特典が!

ワールドプレゼントポイントをAIRDOポイントに交換すると、交換ポイントとは別に、ワールドプレゼントポイント4ポイント=1AIRDOポイントがもらえます。

【AIRDOポイント】

①新規入会特典

クラシック:200ポイント
ゴールド:300ポイント

②搭乗ポイント

航空券の購入金額100円につき、1ポイント

③AIRDOホームページで決済特典

クラシック:150円につき1ポイント(上限2000ポイント)
ゴールド:120円につき1ポイント(上限2500ポイント)

④搭乗ボーナスポイント

クラシック:100ポイント
ゴールド:200ポイント

⑤6回搭乗ボーナス

年内で6回搭乗ごとに100ポイントもらえます。

AIRDOに搭乗すればするほど、ポイントをもらえるチャンスも多いのが一目瞭然ですね。

更にAIRDO以外で貯めたワールドプレゼントポイントも、AIRDOポイントに交換できるのですから、航空会社系のカードの中でも、特にポイントがざくざく貯まりやすいカードです。

選べるクラシックカード

AIRDO VISAカードは、カードデザインもスタイリッシュでかっこよく、持っているだけでも自慢になります。

クラシックは銀、ゴールドは金ですが、クラシックに関してはカードデザインが2種類。

好きなデザインを選べるのもポイントで、AIRDOの公式キャラクター、ベア・ドゥのポップでキュートなバージョンもあるのです。

クラシックカードは18歳以上(高校生を除く)から持てるので、スタイリッシュもいいけど、可愛い方が好き!という方におすすめです。

もちろん大人の方でもOK!ベア・ドゥに癒されて下さい。

旅行保険が自動付帯

飛行機に乗る機会と言えば旅行を思い出す方も多いでしょう。

北海道は広いですから、いろんな地域に行ってみたいものですよね。

AIRDOは札幌だけでなく、旭川や函館へも行きやすく、旅行の幅も広がります。

AIRDO VISAカードを持っていれば、旅行保険がついているので、万が一の時も安心です。

クラシック:最高2000万円
ゴールド:最高5000万円

旅行代金をカードで払わなければならないという条件のない、自動付帯なのも嬉しいですね。

3.AIRDO VISAカードのいまいちポイントについて

AIRDO VISAカードには、ポイントを貯める特典は豊富ですが、航空券の会員限定セールなどがありません。

クレジットカードを発行すると、発行会社でのメインの商品が安く手に入るという特典もあり、AIRDOであれば航空券になります。

しかし、航空券の料金はクレジットカードを持っていない人と同じなので、具体的な料金的に安くなる感じがしないのが、少し残念ポイントですね。

ですが、代わりにカード発行する際に登録されるMyAIRDOという専用サービスで、北海道民限定で航空券が安くなる道民割を利用する事はできます

カード発行をしなくても誰でも利用できる、地元に優しいサービスです

4.AIRDO VISAカードの最大の特徴!こんな人におすすめしたい!

AIRDO VISAカードはAIRDOを多く利用する方におすすめです。

航空券を公式サイトから予約すれば、購入するごとにポイントがもらえますし、貯まったポイントで次のフライトの航空券に交換できます。

しかも、札幌-仙台は1200ポイント~、東京-札幌は1400ポイント~という交換マイル設定。

初年度は新規入会特典で200ポイント(ゴールドは300ポイント)もらえるので、AIRDOに乗る回数が多ければ、目標ポイントにも達成しやすいですよね。

ポイントの詳細は次章でご説明します。

よく乗る飛行機がAIRDOだという方は、是非カード発行を検討してみて下さい。

5.AIRDO VISAカードはどういう使い方が最もお得になるのか?

AIRDO VISAカードは、基本的にクレジットで貯まるポイントが還元率0.5%のワールドプレゼントポイントです。

決して高還元ではないので、メインカードとして使うのはおすすめできません。

しかし、AIRDOの航空券を購入する時は、必ずAIRDO VISAカードを使うべきです。

AIRDO VISAカードのお得ポイントは、航空券購入時のポイント還元率にあります。

では、例を見てみましょう。

(例)東京ー札幌 片道航空券をAIRDO VISAカード(クラシック)購入

通常運賃:33800円AIRDO VISAカードで購入したら…
・道民割適用で29400円に!=4400円割引!

MyAIRDOでもらえるポイント
・100円につき1ポイント=294ポイント

AIRDO VISAカードでもらえるポイント
・公式サイト決済150円につき1ポイント=196ポイント
・1回の搭乗で100ポイントもらえる!

4400円割引に加えて、合計:294+196+100=590AIRDOポイントゲット!

航空券の値段は路線やシーズンで変動するので、一概にこれだけ貯まる!とは言えません。

しかし、1回の搭乗で590ポイントもらえれば、新規入会特典の200ポイントと合わせても、初年度は2回の搭乗で1380ポイント貯まり、特典航空券の最低ポイント1200ポイントは貯まります。

更に…

①クレジット利用で貯まるワールドプレゼントポイントは1000円で1ポイント。
②200ポイント貯まれば50AIRDOポイントへ交換可能
③30000円の片道航空券で7回搭乗すれば、210ワールドプレゼントポイントは貯まる。
④6回搭乗特典の100AIRDOポイントプレゼントもゲット!

という4段階の使い方で、年間3往復するだけでプラス150AIRDOポイントももらえちゃうんです。

ちなみ、上記の例でゴールドカードを使えば、

・公式サイト決済で245ポイント

・新規入会特典で300ポイント

なので、差額149ポイントもお得です。

ゴールドカードは旅行保険やショッピング保険の最大補償金額が大きいというメリットもありますが、年会費が高いので、万が一に備えたり、年間AIRDO利用回数が目安で15回以上の方におすすめです。

まとめ

AIRDOは北海道から各地への移動に非常に便利な航空会社なので、特に道民の方はいつもつかうメイン会社にしても良いと思います。

更に、年間3往復するだけでボーナスポイントがもらえるので、作って損はありません。

クラシックカードは初年度年会費無料ですから、一度手にしてみて元がとれるか使ってみるなんて事もできちゃいます。

道民に優しい、地元愛に溢れたAIRDO VISAカード、是非、会員登録も一石二鳥な公式サイトから、入会してみて下さい。

北海道へよく行く方も、空の旅が今までよりお得になりますよ。

スポンサードリンク

↓8種類のカードを厳選しました↓

今月のおすすめカード一覧

スポンサードリンク

クレジットカード13枚利用した私がたどり着いたポイント貯まりやすいカードはこの3枚でした

管理人管理人

2018年5月の段階で発行した枚数は13枚!

でも正直ハズレと思うカードもいくつかありましたし、全然ポイント貯まらないカードもありました。実際に使ってみないとわからないものです…。

その中で、私が実際に13枚のカードを使ってみて、ポイント貯まりやすいと思ったカードがこちらの3枚でした。

  • 楽天カード
  • dカード
  • Yahoo!JAPANカード

なかでもこの3枚は、かなりポイント貯まりやすいので、どのカードにすればいいかわからない場合はこの3枚からひとつ選んでおけば間違いないです。

ちなみに、3枚ともすべて年会費無料なので、カードを作って損することは一切無いので、気軽な気持ちで1枚持っておいて大丈夫です。

1位:楽天カード
管理人管理人

楽天カードの特徴は以下の通りです。

  • 年会費無料
  • 100円で1ポイント貯まる
  • 楽天市場で使うようにすれば、100円で4ポイント貯まる
  • 楽天ポイント貯まる
  • ETCカード発行可能
  • 楽天ポイント、楽天Edyが一体型

楽天カードは100円につき1ポイント貯まります。ETCカードを発行すれば高速料金に対しても楽天ポイント貯まります。

楽天市場で買い物をすれば、100円につき2~5ポイント貯めることもできます。楽天市場ってほぼすべてのジャンルの商品が揃っているので、普段の買い物を楽天市場で買うようにするだけでポイントはものすごく貯まりやすくなります。

実際に私も、生活用品や日用品、家具や家電なども楽天市場から買うようにしています。家電量販店や薬局などで商品を目で確認して型番やサイズを確認して、最終的に楽天市場で買うという流れです。

私の場合、楽天市場で買い物をすれば、100円につき4ポイント貯まるようになっています。

他の店舗で楽天カードを使えば、100円で1ポイントしか貯まりませんが、楽天市場で購入すれば100円で4ポイント貯まります。4倍もの差があるので、楽天市場を利用しない理由はありません。

しかも、店舗で買うよりも楽天市場で買った方が安い場合もありますしね。メリットだらけです。

貯まった楽天ポイントは、楽天市場や楽天トラベルといった楽天関連のサービスで使えますし、楽天Edyという電子マネーに交換すれば、スーパーやコンビニでも楽天ポイントを使うことができます。

なにより、入会キャンペーンでたくさんポイントもらえるのが嬉しいですね。カード発行は無料なのに5000円分もポイントもらえるなんて、発行する価値十分アリです。

5000円分の楽天ポイントもらえる!期間限定の入会キャンペーン実施中!

楽天カードのお申込みはこちら
※5~10分あれば申し込み完了できます

2位:dカード

管理人管理人

dカードの特徴は以下の通りです。

  • 年会費無料
  • 100円で1ポイント貯まる
  • dポイント貯まる
  • ドコモ携帯料金の1%ポイント貯まる
  • dポイントを電子マネーiDの支払いに充当できる
  • カード提示でローソン、マクドナルドで割引
  • カード提示でdポイント貯まる店舗も急増中

ドコモが発行しているdカードですが、ドコモユーザーじゃなく誰でも申込可能のカードです。100円につき1円分のdポイントが貯まります。

正直、ポイント業界の中では楽天ポイントがダントツで優位な位置にいると思っています。ポイントも貯まりやすく使い道も広く、対応店舗も多いので、利用しやすい環境がバッチリ整備されています。

それに続いて、dポイントはここ数年で急速に普及が広がっており、楽天ポイントと同等レベルぐらいまで対応店舗が増えております。

支払いをすべてカード払いに切り替えるなら、dカード1枚にまとめるのもアリです。

年会費実質無料!
最大9000円もらえる入会特典実施中!

dカードのお申込みはこちら
※5~10分あれば申し込み完了できます

管理人管理人

私の場合は、年会費無料のdカードではなく、年会費1万円(税別)のdカードGOLDを持っています。 ドコモユーザーであれば、携帯料金の10%が毎月dポイントとして貯まっていくので、毎月1500円分のdポイントが勝手に貯まり続けています。 dカードGOLDの特徴はこちら

  • 年会費1万円(税別)
  • ドコモ携帯料金の10%のdポイント貯まる
  • ケータイ補償あり
  • 海外旅行の保険の範囲が広い
  • 空港のラウンジを無料で使える
さらにdカードGOLDの詳細を知りたい方はコチラ

最大14000円分もらえる期間限定入会キャンペーン実施中!

dカードGOLDのお申込みはこちら
※5~10分あれば申し込み完了できます

3位:Yahoo!JAPANカード
管理人管理人

ヤフーカードの特徴は以下の通りです。

  • 年会費無料
  • 100円で1ポイント貯まる
  • Tポイント貯まる
  • ヤフーショッピングやヤフオク、ロハコ利用でポイント貯まりやすい
  • ソフトバンク携帯料金でTポイント貯まる
  • Tポイント使える店舗数も多い

Yahoo!JAPANカード。通称ヤフーカードやワイジェイカードとも呼ばれています。100円につき1円分のTポイントが貯まります。

楽天カードは楽天関連のサービスで、ヤフーカードはヤフー関連のサービスで効果を発揮します。

ヤフーショッピングやヤフオク、ロハコでTポイント貯めたり使ったりできます。ソフトバンクユーザーであれば、携帯料金でTポイントを貯めることもできます。

そもそもTポイントは歴史が長く、ファミマやTSUTAYAを筆頭に対応店舗も非常に多く、楽天ポイントやdポイントと同じように貯めやすいと評判も高いです。

年会費無料!
8000円分のTポイントもらえる期間限定入会キャンペーン実施中!

Yahoo!JAPANカードのお申込みはこちら
※5~10分あれば申し込み完了できます