今回はアイフルの金利について徹底的に他社と比較検証した記事をお届けします。

アイフルの金利は果たして高いのか同業他社と比べるとどれほど差があるのか一定期間利用したシミュレーション表など、気になる借入のお得情報盛りだくさんです。

今現在借入している方、検討されている方問わず気になるテーマとなっています。

比較対象はアイフルに加え、アコムプロミスレイクの消費者金融3社、さらに銀行から三菱東京UFJのカードローンの計4社とメイン所は抑えているので、ぜひ参考にしてみてください。

アイフルの金利について

アイフルの金利は実質年率下限4.5%から上限18.0%となっています。

上限に近づけば近づくほど損をすることになり、下限に近づけば近づくほどお得です。

また、4.5%~18.0%と幅があるのは借入限度額期間によって変化するためです。

実質年率とは?意外と知らない豆知識
実質年率とは、手数料保証料など借りていることで発生する諸々の経費をすべてを含めた金利のこと。
キャッシングやカードローン商品を利用していると、借りている元の額(元金)と利息以外にも必要経費が発生します。
それらを利息と合わせて1年間に掛かる利率としたものが実質年率となります。
少し難しく思うかもしれませんが、要は借入額×実質年率の分だけプラスαで支払うことになると考えれば大丈夫です。
例:借入額100万円×実質年率18%=18万円を余分に支払う 
つまり、アイフルの場合は実質年率18%には諸経費が含まれているので、実際の金利はもう少し低いことになります。
意外と皆さんが知らない豆知識なので、覚えておくと自慢できるかもしれません。

 

アイフルでは商品によって実質年率の設定が異なり、一般的なカードローンと審査が厳しくより高位の金融商品であるファーストプレミアムローンでは以下のような金利差があります。

カードローン
ファーストプレミアムローン

一目見てわかる通り、通常のカードローンの金利は3段階とファーストプレミアムローンよりも大雑把に設定されており、上限金利を考えても後者の方がお得に利用できる金融商品となっています。

商品による金利差の秘密

では、実際にアイフルの金利で借りると月々いくら返済することになるのか、返済期間金利から利息を計算する方法と合わせてシミュレーションしていきます。

ちなみに公式で返済シミュレーションがあるので、以下の条件を前提とし、5万円、10万円、20万円、30万円、40万円、50万円を借りた場合に金利がいくらになるのかをまとめ、書き出してみました。

シミュレーション前提条件

支払方式    元金定率リボルビング

支払いサイクル 35日サイクル制

実質年率    18.0%固定

金利を使った基本的な計算式
支払い方式やサイクルとは?
5万円借入時のシミュレーション結果
10万円借入時のシミュレーション結果
20万円借入時のシミュレーション結果
30万円借入時のシミュレーション結果
40万円借入時のシミュレーション結果
50万円借入時のシミュレーション結果

シミュレーション上では、5万円~20万円まで借入金額が異なりますが、完済までの総支払回数が20回、期間は1年12ヶ月、約2年という結果になりました。

対して30万円~50万円も2年10カ月と同期間内、計29回での完済ですが、一気に返済日数が10ヶ月増えています

借入額 総支払回数 返済期間
5万円~20万円 20回 約2年
30万円~50万円 29回 約2年と10ヶ月

 

当然、借入金額である元本に加え、利息も相当なものとなっており、50万円で見た場合の総利息は127,624円です。

これは借りた金額の25%にあたる額を余計に返済している計算になります。

どれだけ借金の金利、利息や返済期間が重要であるかはこれで十二分にお分かりいただけたはずです。

アイフルの金利は他と比べて高い?他社と比較した結果

では、アイフルを含めた5社の金利を比較してみましょう。

比較対象 実質年率 利用限度額
アイフル 4.5%~18.0% 500万円
アコム 3.0%~18.0% 800万円
プロミス 4.5%~17.8% 500万円
レイク 4.5%~18.0% 500万円
三菱東京UFJ銀行カードローン(バンクイック) 1.8%~14.6% 500万円

さきほどの金利シミュレーションではアイフルで借入をするとやや高くつくように感じたと思いますが、比較してみるとアイフルがいたずらに高金利ではないことがわかります

下限金利の恩恵を受けることが出来るのは、限度額最大の500万円~800万円付近で現実的ではないので除外すると、アイフルと消費者金融4社間の差はプロミスとのわずか0.2%にとどまります。

低金利で当たり前の銀行カードローンと比較しても3.4%の差で、既出の基本的な利息計算式を引き合いに出せば、

アイフルと三菱東京UFJの金利差

アイフル

100,000×0.18÷365×1=49.31 一日あたり約49円の利息

三菱東京UFJ銀行

カードローン 100,000×0.146÷365×1=40.00円 一日あたり約40円の利息

となり、一日あたりの差は約9円月間で約270円年間にしても3,285円の差でしかありません。

つまり、銀行や消費者金融でお金を借りる場合、支払い方式やサイクルの違いはあれど、似たような支払い計画と総支払額になるということです。

では、どこで借りても同じかと言うとそうではありません。

アイフルが他社よりも優れている点について

他社ではなくアイフルを選ぶべき理由となる3つの理由があります。

  1. 1ヶ月間無利息サービス
  2. 女性専用サービス
  3. 配達時間えらべ~る

アイフルでは、初めての方限定ではありますが1ヶ月間無利息というサービスがあります。

厳密には契約日の翌日から30日間利息が発生しないというもので、当該期間の返済はすべて元金充当に充てることができます

御幣を恐れずに言えば、30日間は金利0%で利用出来るため、ほぼ借金のリスクがないのです。

無利息中に全額返済すれば、手数料等を除けば借りた分だけの返済で済むので、損をすることはありません。

むしろ、利息を発生させずにお金を借りれるのでお得に利用できると言えるでしょう。

もっとも具体例としてわかりやすいのは「50万円借入時のシミュレーション結果」を参照していただき、1回目の利息8,630円が丸々浮き、元金分のみ返済できると思ってください。

無利息サービス自体どの会社にもあるわけではなく、竹中直人さんと夏菜さんのCMでおなじみのモビットでは利用不可能です。

基本的に金利の高い消費者金融だからこそ、無利息期間があるというのはアイフルの大きな強みです。

その他にもアイフルでは「女性専用の電話応対窓口」を設置していたり、「女性向けカードローンSuLaLi」も用意されています。

また、ユニークなサービスで言うとカード配達の時間を指定できる「配達時間えらべ~る」というサービスも。

どちらも利用者目線で安心して利用できる消費者金融を意識し、企業努力していることがうかがえます。

このような独自のサービスは他社にはないアイフルの優れている点と言えるでしょう。

 

アイフルの金利は他社と見比べても問題なし!

さすがに銀行の金融商品と金利で比べた場合は見劣りしてしまいますが、アイフルの金利は同じ消費者金融が相手の場合、全くそん色のない金利だと言えるでしょう。

特に上限金利付近での借り入れが想定される場合、無利息サービスを提供していない会社よりもお得に利用できるので、優っていると言えます。

逆に100万円以上を超えて借入する場合は、金利差で支払利息額に無視できない差が出てきます。

なので、大口の利用であれば消費者金融でも下限金利の低いアコム、または銀行カードローンでの利用がおすすめです。

一般的な1万円~100万円未満の利用であれば、カード配達時間指定女性専用窓口、金融商品などサービスが充実しているアイフルで借入をすれば快適に利用できること間違いなしです。

更新日:2017/08/15

クレジットカードランキング特集

クレジットカード
総合ランキング
学生専用 海外留学
20代新社会人 節約・主婦
即日発行 還元率高い
年会費無料 審査難しい
ステータス高い